• ホーム
  • ブログ
  • 研究所の業績更新しました。

BLOG

ブログ

研究所の業績更新しました。

2020.11.19

2020年度

【論文】

Hiroki Monjo, Yoshihiro Fukumoto, Tshyoshi Asai, Hiroki Kubo, Kensuke Ohshima, Hirotsugu Tajitsu, Shota Koyama. Differences in muscle thickness and echo intensity between stroke survivors and age- and sex-matcehd healthy older adults Physical Therapy Research.2020

Koji Nonaka, Junichi Akiyama, Yoshiyuki Yoshikawa, Satsuki Une, Kenichi Ito. 1,25-Dihydroxyvitamin D3 Inhibits Lipopolysaccharide-Induced Interleukin-6 Production by C2C12 Myotubes. Medicina.2020

【シンポジウム】

吉川義之,前重伯壮,植村弥希子:褥瘡患者におけるリハビリテーションの市民権.第22回日本褥瘡学会(神戸), 2020

吉川義之,永吉恭子,山崎宏大,永井健太:ベッド・マットレスにおける安全対策~理学・作業療法士の立場から~.第22回日本褥瘡学会(神戸), 2020

2019年度 

【論文】

吉川義之,杉元雅晴,植村弥希子,松下友貴,松本流音:車椅子乗車時の戸の開閉操作が坐骨結節部へ与える影響.医療福祉情報行動科学研究 7 :25-35, 2020

吉川義之:発生と悪化を防ぐための褥瘡予防.訪問リハビリテーション,2019

吉川義之:褥瘡患者のリハビリテーション医療 -褥瘡ケアの理学療法-.褥瘡会誌,2019

Hiroki Kubo, Tsuyoshi Asai, Yoshihiro Fukumoto, Kensuke Oshima, Shota Koyama, Shota Koyama, Hiroki Monjo, Hirotsugu Tajitshu, Tomohiro Oka. Comparison of voluntary cough function in community – dwelling elderly and its association with physical fitness. Physical Therapy Research.2019

【講演】

吉川義之.褥瘡患者のリハビリテーション医療(教育講演11).第21回日本褥瘡学会学術集会(京都)

吉川義之.褥瘡の評価と物理療法.姿勢・活動ケア研究会(東京)

2018年度 

【論文】

Monjo H, Fukumoto Y, Asai T, Shuntoh H. Muscle Thickness and Echo Intensity of the Abdominal and Lower Extremity Muscles in Stroke Survivors. J Clin Neurol.14(4);549-554:2018

Moriguchi M, Maeshige N, Ueno M, Yoshikawa Y, Terashi H, Fujino H. Modulation of plantar pressure and gastrocnemius activity during gait using electrical stimulation of the tibialis anterior in healthy adults. PLoS One 10 e0195309

Maeshige N, Hirasawa Y, Moriguchi M, Yoshikawa Y, Maruo K, Noguchi M, Terashi H, Fujino H. Weight-bearing stretching of the triceps surae muscle increases the range of motion on ankle dorsiflexion in diabetic patients: an approach to reduce the risk of diabetic foot ulcer development. J Jap.WOCM 22(3) 281-286

Uemura M, Inoue T, Kuwata S, Yoshikawa Y, Matsumoto H, Hirata Y. Taking a sitting position within 13 days of subarachnoid hemorrhage onset prevents decline in the ability to perform activities of daily living and
shortens hospitalization duration. Int J Disabil Hum Dev 14(4) 517-524

【講演】

吉川義之.褥瘡の評価と物理療法.姿勢・活動ケア研究会(大阪)

2017年度 

【論文】

吉川義之:褥瘡ケアで理学療法士だからできること.理学療法学,2017

植村弥希子,前重伯壮,吉川義之,他:直流パルス電流の刺激周波数が線維芽細胞の遊走およびFocal adhesion kinaseに与える影響.物理療法科学 24: 26-31, 2017

【講演】

吉川義之:褥瘡・創傷ケアの理学療法.富山県理学療法士会研修会講師(富山)

【学会発表】

松本洋平吉川義之門條宏宣,他: 通所介護利用者における2型糖尿病罹患の有無が身体機能に及ぼす影響に関する調査―後ろ向き調査研究―.リハビリテーション・ケア合同研究大会.久留米.

門條宏宣,福元喜啓,他:高齢者における下肢筋および体幹筋の筋輝度と内臓脂肪量の関連性.第72回日本体力医学会大会.愛媛.

吉川義之,前重伯壮,他:糖尿病神経障害患者の胼胝および創傷発生に対する振動覚検査の有用性~3年間の追跡調査による検討~.第9回日本下肢救済・足病学会学術集会(福岡)

門條宏宣,福元喜啓,他:慢性期脳卒中患者における体幹・下肢筋の量的・質的変化.第52回日本理学療法士学会学術大会(千葉)

2016年度

【論文】

Yoshiyuki Yoshikawa, Masaharu Sugimoto, et al.: Monophasic pulsed microcurrent of 1-8 Hz increases the number of human dermal fibroblasts. PRM, 2016

【講演】

吉川義之:褥瘡ケアで理学療法士だからできること~病院・施設・在宅ケア~.第51回日本理学療法士協会全国研修大会(沖縄)

【シンポジウム】

吉川義之:褥瘡ケアにおける多職種協働の取り組み~地域連携の実際.第13回 日本褥瘡学会近畿地方会学術集会(奈良)

【学会発表】

吉川義之,小枝允耶,他:温熱・振動・磁気刺激により疼痛が緩和した一症例.リハビリテーション・ケア合同研究大会(茨城)

門條宏宣,福元喜啓,他:地域在住高齢者の身体機能低下を判別するための簡便なスクリーニング方法の開発.第51回日本理学療法学術大会.札幌.

門條宏宣,福元喜啓,他:地域在住高齢者の筋力増加率と運動パフォーマンスの関連.第71回日本体力医学会大会.岩手.

2015年度

【論文】

Yoshiyuki Yoshikawa, Noriaki Maeshige, et al.: A new proposal of positioning for the bedridden patients to reduce interface pressures over the sacrum and great trochanter. Journal of Wound Care, 2015

吉川義之,杉元雅晴,他:立ち上がり可能な座面の高さと日常生活活動の関連性について-通所利用者の立ち上がりによる検討-.神戸学院総合リハビリテーション研究,2015

吉川義之:褥瘡に対する物理療法の実践②:直流微弱電流刺激療法.理学療法magazine,2015

【ハンズオンセミナー】

吉川義之:褥瘡・創傷ケア.第23回日本物理療法学会学術大会(兵庫)

【シンポジウム】

吉川義之:日本褥瘡学会認定師によるチーム医療の今後の方向性について.第17回日本褥瘡学会学術集会(宮城)

CONTACT

お問い合わせ

サービスやアバンサールについては
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから